スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ナマ】生イイヨネ!ついにHIVを畏れずに本番行為に及べる時代が到来


1 : ◆konjacjuhE @お面コンニャクライダーBlack RXρ ★ 2014/03/09(日) 10:42:21.78 0


最新避妊具はリング型? 画像はnatap.orgのスクリーンショット

米大学の研究チームが少し前に、コンドームに取って代わるというまったく新しいタイプの避妊具を開発し、
霊長類やヒトによる実験を行っていた。商品化について専門家からは慎重論が多々聞かれるが、開発者は
「期待通り」と自信満々だ。

ラテックス製からポリウレタン製へとコンドームは進化し、手軽に入手できる避妊具として支持率はやはり
ダントツに高い。また性感染症やHIV感染の防止策としてもコンドームが果たすべき役割は大きいが、
「薄くなったとはいえ、できれば使用したくない」といった男性の声もある。それを受け止める形で最近アメリカで
開発されたのが、写真で成人男性が両手のひらの上に乗せている白いリング型の避妊具、
“The tenofovir disoproxil fumarate intravaginal ring(略称TDF-IVR)”であった。

リングはチューブとなっており、その中には妊娠を防ぐレボノルゲストレル、抗HIV薬テノフォビルといった薬剤が
適量ずつ入っており、セッ●スで表面に水分が付着すると表面のポリマーがふやけ、薬剤が微量ずつしみ出るという
仕組みだ。1リングで効果はなんと3か月間も続くといい、霊長類での実験ではHIV感染予防効果は100%であった
ことが認められ、昨年11月から30人の女性による14日間の臨床試験もあった。

この避妊具を開発した米イリノイ州「ノースウェスタン大学」のパトリック・カイザー教授は、同避妊具の効果に
ますます自信満々な様子だが、多くの専門家らは数年にわたる調査がさらに必要だと見ている。
HIV撲滅チャリティイベントで知られる「テレンス・ヒギンズ・トラスト(Terrence Higgins Trust)」の
ジェイソン・ウォーリナー氏も、「避妊具の新たなる幕開けには大歓迎だが、皆さんにはやはり、
コンドームの着用が一番だとアドバイスしたいです」と慎重。具体的な商品化はまだ先のことになりそうだが、
教授は「貧しく避妊具の入手が困難なために性感染症やAIDSの罹患率が非常に高い、サハラ砂漠以南の国々の
女性をこれで救いたい」と話し、一刻も早い商品化に意欲を見せている。

ソース:【米国発!Breaking News】コンドーム要らずの時代に? HIV・性感染症予防、避妊すべてOKの避妊具に期待。(イリノイ州)
http://news.livedoor.com/article/detail/8612046/


2 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! 2014/03/09(日) 10:45:42.68 0

首にはめるの?


4 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! 2014/03/09(日) 10:48:48.61 0

>>2
リングなんだから、薬指にはめるんだよ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。